醍醐寺

醍醐寺(だいごじ) 京都府京都市伏見区醍醐東大路町

醍醐寺の五重塔は、醍醐天皇の菩提を弔うため、第一皇子・朱雀天皇が936年に着工し、第二皇子・村上天皇の時代951年に完成した。屋根の上の相輪は約13メートルで、塔の三分の一を占め、安定感を与えているとのこと。

数年前に訪れた時は秋だった。2007年4月、今回は桜の季節。ちょっともったいなかったが期限ぎりぎりの青春18きっぷで京都まで行く。JR京都線から地下鉄烏丸線国際会館行きに乗り、烏丸御池で降りて地下鉄東西線六地蔵行きにに乗り換える。醍醐駅まで乗っている時間は27分ほどだ。駅には案内のボランティアの人たちがいて、地図をいただき、またコミュニティバスのことも教えてもらう。一日券300円で乗降自由ということで、バスに乗った。歩いてもそう時間はかからない。

醍醐寺は平成6年にはユネスコの世界文化遺産に登録されている。「古都京都の文化財」としての登録で東寺もそのうちの一つだ。

醍醐寺五重塔
醍醐寺五重塔
建立:951年、高さ38メートル
醍醐寺金堂

醍醐寺は真言宗醍醐派の総本山で、国宝金堂は926年に創建されたが二度焼失、現在の金堂は豊臣秀吉の命により、紀州から移築され1600年に完成したとのこと。本尊は薬師如来だそうだ。拝観料は金堂内部、五重塔が600円。



唐門

黒漆塗りの三宝院の唐門(国宝)



桜祭り

桜祭りも開かれていて紅白の幕が通路に沿って張ってあった。太閤秀吉が愛した桜の名所とパンフレットに書いてあったが、昔から皆花見を楽しんでいたんだろうなあと思った。



境内の桜

満開の桜の下、これがほんとの花道だと思いながら歩いた。お花見の人でいっぱいだ。



雪の醍醐寺

2008年1月、近畿地方は久しぶりに各地で積雪があった。大阪の市街地もかなり積もったとニュースで言ってるので、京都もそうだろうと勝手に思い、10日朝9時に家を出発する。神鉄の駅までそろそろ歩いたが、昨日の雪が凍りつるつるとすべりやすくなっている。ゆっくり歩いたので25分もかかった。普通なら17,8分で行けるのにね。

神戸駅の近くは全くといっていいほど雪はなかったが、高槻あたりで電車の窓から見えた景色は真っ白。うれしくなる。京都駅で地下鉄乗り場はどこだったか考えても分からないので駅員さんに聞いた。どうしてこう方向音痴なのか、覚える気がないのだろうか。醍醐駅までは310円。駅からは何となく方向がわかり歩いていったが到着したのはお昼前だった。

雪の五重塔

五重塔
お天気が良く雪が解けて足元はベチャベチャだ。
五重塔は屋根に少し雪が残っている状態。



アセビ 伝法学院
雪をかぶったアセビ 醍醐寺 伝法学院(修行道場)


HOMEへ 国宝五重塔トップへ