一乗寺

一乗寺(いちじょうじ) 兵庫県加西市坂本町

法華山一乗寺は西国三十三所巡礼の第26番札所となっている。ここの三重塔は国宝とのこと。以前北条鉄道に乗ったとき、法華口という駅から一乗寺に行けると本に書いてあったので、次は来ようと思っていた。

■2009年1月

寒い1日だったが車で一乗寺まで行く。山陽自動車道の加古川北インターで降りて7分ほどで到着する。有料駐車場は300円。拝観料も300円だった。

一乗寺三重塔

一乗寺三重塔(国宝)
建立:1171年(平安時代)


一乗寺三重塔 一乗寺三重塔 一乗寺三重塔
一乗寺三重塔
階段から見上げて撮影
三重塔下層部 本堂から見える三重塔

一乗寺三重塔 一乗寺三重塔 一乗寺三重塔
三重塔の屋根 三重塔上層部 本堂と三重塔

一乗寺入口 階段と本堂 本堂床下
一乗寺入口 階段と本堂 本堂の床下

一乗寺鐘楼 弁天堂と妙見堂 護法堂
一乗寺鐘楼 弁天堂(左)妙見堂(右) 護法堂

この三重塔の建立は平安末期の1171年で、兵庫県内では最古とのこと。
県内の国宝建造物19件のなかのひとつだ。
昭和16〜17年にかけて解体修理をしたとパンフレットに書いてあった。
戦火にも火災にもあわずに840年近い時が流れたわけだ。


HOMEへ 三重塔トップへ