興福寺

興福寺(こうふくじ) 奈良市登大路町

興福寺には五重塔と三重塔がある。どちらも国宝だ。
五重塔は広場に建っているので寺に入ったらよく見えるが、三重塔は南円堂から猿沢の池に降りていく途中の階段のそばに、ひっそりと建っている。

■2009年4月

阪神なんば線の開通で三ノ宮〜奈良まで直通で行けるようになり、塔を見に行ってきた。

興福寺三重塔

興福寺三重塔(国宝)
建立:1143年(康治2年)、高さ19メートル
(崇徳天皇の中宮の願建で鎌倉時代に再建された)


三重塔初層 三重塔屋根
三重塔初層 三重塔屋根


猿沢の池 猿沢の池と泳ぐカモ カモ


HOMEへ 三重塔トップへ