時々書く日記です(2012年1月〜2月)

1月(「新しい年」 「マスクの効用」
2月(「清盛人気」 「久しぶりの五重塔」


■2012年1月1日(日)「新しい年」

昨年の12月はあわただしかった。入院中の家人はお正月も病院で過ごすのかと心配していたが、年末には退院できほっとする。病室の窓からJRの電車や貨物車が通るのがよく見え、その本数の多さに改めて驚いた。
新しい年の初日は穏やかで暖かい1日だった。年越し麻雀はやめたので、静かな1日でもあったけど。家族3人でしあわせの村の温泉に行く。そういえば去年の正月もガス給湯器がこわれたため温泉に行ったものだ。今年は何をしようかな、去年はローカル線にあまり乗れなかった。年賀状に同窓会のお知らせが書いてあり、5月と6月に宮崎であるようだ。新幹線「さくら」に乗るとして時間に余裕があれば、九州のいろんなローカル線に乗ってみたい。


■2012年1月10日(火)「マスクの効用」

家人の病院診察について行った。時間がかかるなら近くをぶらぶらしてバスの写真でも撮りたいなと思っていたのだが、診察と処置を合わせても10分もかからず拍子抜けしたほど。
12月に初めて行った時から感じていたことがある。病院の職員さんたちが皆マスクをされているのだ。風邪をもらうな、人にあげるなということからだろう。ただ受付の事務の人がマスクをされたまま、いろいろ説明をされると聞き取りにくくなる。人も多くて聞こえにくい。聞き直すと、それくらいわかっているはずでしょというような目に見える。口元が見えないから笑ったとしてもわかりにくいのだ。何度か行くうちに慣れてきたが、初診でまごまごしていたらちょっと丁寧に応対をしていただくと、ほんとにありがたいです、すみません。


■2012年2月10日(金)「清盛人気」

1か月ぶりの日記になってしまった。楽しみだった韓国ドラマも先週の金曜日に終わり、最終回の日は見終わって宮崎の姉と電話で感想を話し合った。あの終わり方には納得できんねぇといくら私たちが言っても、もう終わってしまったのだ。いつの日かNHK総合で多分再放送があるだろう。
今年の1月から大河ドラマ、「平清盛」が始まった。神戸の福原に都を移したこともあるということで、、いろんなイベントが行われている。兵庫運河の界隈はゆかりのお寺が並んでいるので、先日も地図を片手にカメラを持ったおじさまたちが街を歩いていた。テレビの画面がよろしくないと、兵庫県知事の発言があり、それに対して苦情の電話がたくさんあったようだ。前回の「お江」は姫たちの衣装が色も鮮やかで美しかったけど、清盛たちの衣装は茶色くてほこりにまみれている。武士としてこれから栄華を極めて行く過程で、衣装もきれいになっていくんだろう。父役の中井さんいいですわぁ。


■2012年2月21日(火)「久しぶりの五重塔」 善通寺五重塔

土・日を利用して友人たちと四国の大江戸温泉に出かけた。ホテルが往復の直行バスを出してくれるので、18きっぷで旅する時のようにホームを走ることもなかった。翌日ホテルのバスで丸亀城、善通寺、金刀比羅宮までツアーがあるということで申し込む。料金は1800円、自分で行こうとしたら時間も費用も倍以上かかるだろう。

で、大失敗はカメラだ。以前ホワイトバランスを蛍光灯にしていたのだが、そのまま晴れた空の下でずっと撮っていたのだ。気付いたのは帰ってパソコンに入れてみた時。なんとなくいつもと色がちがうなと思いながらふっとカメラを見たら、蛍光灯のマークが光っていた。オー、何ということを。いつものようにオートにしておけばよかった。この五重塔の写真が一番普通かなと思う。


HOMEへ 時々の日記トップへ