時々書く日記です(2013年8月〜12月)

8月(「来年は官兵衛」
9月(「水泳教室」
11月(「2カ月もたってしまいました」 「すべてはこの日のために」
12月(「ラドン温泉」 「夢千代に会いに湯村へ」)


■2013年8月25日(日)「来年は官兵衛」

昨日からの雨も昼過ぎに止み、涼しくなった。軒下の温度計は28度しかない。つい先日までは34〜36度もあったのに。このまま涼しくなることはないだろうけどね。
兵庫県が募集している
「戦国ブロガー」に応募したところ、「たびたび城たびブロガー」として当選されましたとのメールが届いた。兵庫県の100の城が地域ごとに分けてあり、自分の希望の所を書いて申し込んでいたものだ。私は姫路城のある播磨地方を希望していた。ただ28日までに旅ブロガー申込書を作成して事務局まで送らないといけない。辞退される方は速やかにご連絡くださいとも書いてあった。旅行期間、訪問するお城、行程表などを書いて申し込む。
旅行終了後10日以内に旅行記を提出、14日以内にブログを2回以上掲載、1ヶ月以内にすべての記事を自分のブログに掲載すること。1記事あたり400文字以上、写真5枚以上となっている。

来年の大河ドラマが「軍師官兵衛」に決まり、昨年「清盛」ゆかりの地をまわったように、「官兵衛」ゆかりの城や土地をまわってみたいと思っていたところだった。「清盛」は画面が暗くて汚いと兵庫県知事の発言もあり、どうなる事かと思って見ていたのだが、視聴率はあまりよくなかった。「官兵衛」はどうだろうか。演ずるのはジャニーズの岡田君、楽しみだ。


■2013年9月6日(金)「水泳教室」

しあわせの村にあるプールの水泳教室に申し込んでいたら、当選の案内が来て今日がその第1回目だった。
全10回で5,000円、1時間半のコースになる。ラジオ体操、ストレッチをしてプールの中を歩き、3チームに分かれて練習を始めた。教室初参加者は私も入れて4名で息つぎの練習からだ。
20年ほど前にちがうところで習ったことがあったが、忙しくなってやめ、そのあとプールに行ったのは数回ほど。だから今日は15、6年ぶりの水泳だった。1時間ほど練習して、プールからあがったら身体がずんと重くなった。水の中だと軽く動くことができて楽だった。少しでも腰痛改善になるといいのだけど。水着はもちろん買い換えました。


■2013年11月8日(金)「2カ月もたってしまいました」

気がつけば前回の日記からもう2カ月もたっていて、日記が月記になってしまった。
暑い日が続き、秋はいつ来るのかと思っていたのだけれど、我が家ではもうこたつを出している。
この2カ月間にあったこと。
 ・1泊2日で城たびに出かける。
 ・城たび後、ブログに記事をアップ。
 ・奈良の白毫寺に萩の花を見に行く。
 ・保育所の運動会に行く。
 ・小浜〜舞鶴の町を歩く。
 ・洗濯機を買い替える。
 ・くまモンラッピング新幹線を見に行く。
 ・神鉄粟生線サポーターズくらぶ会員になる。
 ・ペインクリニックにかかる、等々。
水泳教室は今日が最後で、次の教室の申し込みはしなかった。
クリニックの受診日が金曜日になったので、水泳は他の曜日の好きな時に行くことにした。
昨日は小野まで神鉄に乗って行ってみた。県の城たびスタッフの方のお勧めの城が小野市にある。夢の森公園にある「金鑵(かなつるべ)城」だ。神鉄とバスで行けそうなのだが、バスの時間をよく調べて行こうと思う。
昨日はらんらんバスを見て、小野市役所の方まで歩いてみた。帰りの電車まであまり時間がなかったので、行って帰っただけに終わった。


■2013年11月10日(日)「すべてはこの日のために」

夜11時過ぎに家人を迎えに行くため、神鉄西鈴蘭台駅まで愛車で出かけた。車を止めるちょっと広い道路に左折で入った途端、前に車が止まっていて、警察官らしき人が二人横に立っている。私に手を振って止まるように言うので車を止めて窓を開けた。
事故かと思っていたら、酒気検問とのこと。息を吐いてください、と言われたので警察官の顔の前ではぁ〜と言うと、ぁ、大丈夫ですね、においませんだと。
次に免許証を見せてと言われる。名前と住所を確認されたようだ。そのあとどこまで行くのかとも。北区でもよく事故が起こっていますので、運転は気をつけてください。車間距離を十分に取って、安全運転でお願いしますとのことだった。
いつもエプロンのポケットに免許証は入れて行くのだが、駅まで5〜6分だし、夜だし…と思ったこともある。しかし今夜のようなこともあるのだ。ちゃんと持っていかないといけないなと改めて思った。ま、当たり前の話ですが。


■2013年12月13日(金)「ラドン温泉」

加齢なる腰痛、関節痛のため、今太極拳は休んでいる。地域福祉センターの太極拳教室の先生から電話をいただいた。
「腰痛って聞いたけど、大丈夫?」と。
先生も以前調子が悪い時があり、温泉で治したとのこと。それもラジウム温泉がいいそうだ。 病院に頼らず、自分で治さなきゃあと、毎日車を運転してラジウム温泉に通ったとか。その温泉まで車で25分はかかるかもしれない。 近くにあればいいのだけれどと思いつつ、今日いつものしあわせの村温泉に行ってみた。
温泉の中の説明文を読んでみたところ、ここはラドン成分が含まれているらしい。ラドンとラジウムって同じようなものではなかったかな。ま、ここだと近いのでいつでも来られるし。

 
■2013年12月23日(月)「夢千代に会いに湯村へ」

今年の冬の18きっぷで湯村温泉まで行ってきた。22日〜23日にかけて、宿泊は湯快リゾート、いつも友人が早くから予約をしてくれている。
総勢10名、新快速で姫路まで行き、播但線に乗り換えの時間は3分だったので、走ろうねと言っていたのだけれど、なんと新快速が遅れ、目の前を乗るべきだった列車が出発して行った。遅れの原因は急病人のためだ。途中の駅でしばらく停車していたので、その分間に合わなかった。
1時間後、次の列車に乗った。兵庫県を縦断することになるので、天気予報のとおり雪の中を列車が走るのだと想像していた。生野あたりで線路に積もった雪を見て大はしゃぎする。山も真っ白だった。ところがだ、だんだん雪がなくなり、山も頂上がうっすらと白くなっている程度。ちょっと残念だった。
湯村温泉の中を少し歩いて、久しぶりの夢千代像も見た。吉永小百合のドラマを思い出す。23日はまっすぐ姫路までもどり、姫路城「天空の白鷺」の見学をする。これも友人が予約をしてくれていたので待つこともなく入ることができた。予約なしの人たちはかなり待たされていたようだ。
行きは5回、帰りは4回と列車を乗り換えたが、幸いにもどの列車でも全員座ることができた。ちょっと騒がしかったかなぁ、ごめんなさいです。


HOMEへ 時々の日記トップへ