六条八幡神社

六条八幡神社(ろくじょうはちまんじんじゃ) 神戸市北区山田町

六条八幡神社は平安時代末に創建され、旧山田村13箇村の総鎮守たる神社とのこと。三重塔は室町時代に建立され重要文化財となっている。

■2009年1月

六条八幡神社があるあたりは、「太陽と緑の道」というハイキングコースになっている。いつまでも歩いていたいようなのどかな風景が続いている。だが今は1月、着ぶくれて歩くのもなんだし・・と思い、公共機関を利用した。
神戸電鉄箕谷(みのたに)駅から市バス「衝原(つくはら)」行きに乗り「山田小学校前」で降りたら、川の向こうに鳥居が見える。バス停から歩いて5〜6分くらいだ。

六条八幡神社三重塔

六条八幡神社三重塔(重要文化財)
建立:1466年(室町時代) 


六条八幡神社三重塔

「八幡神社三重塔」
〜この塔は、500年前の文正元年(1466年)神社の世話役であり、地方の有力者であった鷲尾綱貞によって建てられたものです。
緑の木々を背景に、やわらかな桧皮葺(ひわだぶき)と上層を区切る細縁の手すりなど優美な姿を見せています。軒先の強い反りや、上層になる程小さくなる形に時代の特長が見られます。
仏教建築である塔が神社にあるのは、神仏は一体であるとの考えのあらわれですが、明治以降は区別され、神社にあった塔の多くは姿を消しました。今全国で18、県下で3ヶ所残ってますが、その一つがこれです。神戸市教育委員会 〜 案内掲示板より




六条八幡神社三重塔 六条八幡神社三重塔 六条八幡神社三重塔 六条八幡神社三重塔
三重塔 三重塔 三重塔下層部 三重塔の屋根

六条八幡神社鳥居 六条八幡神社本殿 六条八幡神社狛犬 六条八幡神社狛犬
六条八幡神社鳥居 神社本殿 神社狛犬 神社狛犬

狛犬の写真を撮っていてわかったのだが、これも阿吽(あうん)の形をとっていた。寺院の山門の仁王もそうだが、神社の狛犬、向拝(こうはい)ー建物の前面に屋根を突き出した部分ーの左右の柱頭にある獅子もそうらしい。向かって右が口を開き、左は口を閉じている。物事の始まりと終わりを表わすとか。



HOMEへ 三重塔トップへ