東寺

東寺(とうじ) 京都府京都市南区九条町

東寺(教王護国寺)は京都市南区にあり、JR京都駅より歩いて10分程度だ。
二年前に来たがもちろん覚えてない。少し歩きかけたが、駅にもどり観光案内所で地図をもらって方向だけ聞いた。駅より南方向とのことで出口から出たのはいいが、南に行き過ぎて20分もかかってしまった。
2007年7月、梅雨明け後の青空はまぶしく、暑さもなかなかのもの。高い塔なので歩道橋からよく見え、方向がわかった様な次第だ。

東寺五重塔

慶賀門から入って広い境内を通り過ぎたところに食堂(じきどう)、売店があり、その一角の拝観受付で500円払う。
五重塔と金堂、講堂の内部を拝観できる。



池に映った五重塔

今回は通販で買った名刺大のデジカメで撮ってみた。
あまりうまく撮れない。カメラのせいにしたいところだけど。
人もまばらでゆっくり散策はできたが、やっぱり暑かった。



ついにというか、またというか、カメラを買い換えた。通販はやめて、電気店で店員さんに聞いて購入する。手ブレ補正、逆光補正もしてくれるとか。テレビのコマーシャルで流れている物だと、一緒に買い物に行った家族が教えてくれた。じゃあ今からは、ちょっとはましな写真が撮れるだろうと期待をこめて、10月、紅葉にはまだ早い京都へ。

東寺五重塔
東寺五重塔
東寺五重塔
五重塔
建立:西暦1644年、55メートル
東寺五重塔

新しいカメラは使いやすい。バッテリーも充分、説明書も持参、記録画素数も小さくしておいた。液晶モニターも鮮やかでうれしくなる。画素数を小さくしておけば、あとで加工しなくてもすむようだ。プリントアウトするにはあまり良くないらしい。

東寺の五重塔は現存する日本の古塔中最も高い塔になるそうだ。
弘法大師の創建着手は826年だが、4回も焼失したらしい。
それで徳川家光の寄進によって江戸時代に再建された。

五重塔初層

初層は毎年正月三が日だけ一般公開されている。
東西南北に如来像がおかれているとか。



東寺金堂

金堂(国宝)

桃山時代の代表的な建築。中に入ってみた。もちろん撮影はだめだった。
本尊は薬師如来坐像と日光、月光の両脇侍菩薩像だ。
台座の周囲には12神将像が配してある。



東寺講堂

講堂

講堂の立体曼荼羅は21像あり、そのうち15像は国宝でわが国密教像の秀作とのこと。



白象に乗った帝釈天

帝釈天半跏像(ポストカードより)

講堂の立体曼荼羅の中にあり、後補像の6像のひとつになる。
帝釈天といったら、寅さんの葛飾柴又の帝釈天が有名だ。
東寺の帝釈天のイケメンぶりにはちょっと感激。
阿修羅の軍勢を退け、仏門に帰依させた英雄でもあるそうだ。




HOMEへ 国宝五重塔トップへ